老眼はもちろんのこと、失明に至るような目の病気も多いので、異常を感じたらまずは眼科を受診して検査して貰うことが重要です。

全ての原因は「老化」なので、身体が錆びないように日々努力することで、不都合な症状を先延ばしすることが出来ます。こちらに書いてあることは、私自身が自分のために調べたことや経験、実施してきたことの集大成であり、医学的根拠に基づいているわけではありません。

あくまでも、ご自身の参考程度にしてください。
黄斑部というのは網膜の中心あたりにあるのですが、そこに老廃物が蓄積して障害がおこる病気です。
ものが歪んで見えたり、周囲はふつうに見えるのに見ようとしているものの中心部分がぼやけたり小さく見えたりします。

高齢になって、目が見えにくくなったら、「老眼だから」と片づけずに、眼科を受診してください。失明率の高い病気なので、要注意です。

紫外線が原因と言われており、目の色が薄い白人に多い病気でしたが、最近は日本でも急増しているそうです。女性より男性のほうが数倍罹患率が高く、働き盛りの50代男性の発病が最も多くなっています。テニスやゴルフが好きで屋外ですごすことが多い男性は特に要注意です。

生活習慣病に気を付けて、目の老化を防止するべく、栄養にも注意する必要があります。


白内障は老化とともに誰でもなる病気
白内障は老化現象のひとつで、加齢により誰にでもおこるものです。
ただし、加齢による白内障だと思っているものが別の目の病気のこともありますので、異常を感じたら医者で診て貰うようにしましょう。

加齢による白内障はカメラのレンズのような役割をする「水晶体」がだんだんと濁って物が見えにくくなったり、ダブって見えたりするものです。最近はパソコンの普及やオゾン層の破壊で有害な紫外線が多くなったため、若いうちから白内障になる人が増えていると実感します。私の友達にも50歳前後で白内障の手術をした人が多くいます。

通常は、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほとんどの人が白内障になると言われています。しかし、白内障になっても生活に支障がないまま終わる人も多く、全ての人が手術するわけではありません。

初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせたり視力低下を改善したり出来るようです。私の母は80歳で亡くなりましたが、晩年は10年ほど目薬をさしていました。水晶体の主成分であるタンパク質の代謝を改善する目薬だということです。

手術も最近は日帰りで出来るようで、友人の話では10分程度で終わり、痛みは全くなかったとのことでした。術後はとにかく感染症にならないよう、衛生に気を付けて生活しなければならないそうです。
手術のあと日数がたってから会いましたが、3種類の目薬をささないといけないと言っていました。5分以上の間隔をあけてさすので、忘れないようにするのが大変だという話でした。友人は片目だけ手術の予定だったのですが、もう一方の目との見え方があまりに違うので結局両方手術したそうです。別の友人も片目だけ手術したらガチャ目になってつらいと言っていました。

残念ながら誰もが老化とともに覚悟しなければならない白内障ですが、出来れば発症は遅くしたいものです。そのために出来ることは、目の老化をおさえて健康を保つことです。食事はビタミンAを取れるホウレンソウやカボチャ、人参などの緑黄色野菜を十分に摂り、リテインを多く含むケール、ホウレンソウ、ブロッコリーも食べるようにするとよいです。また、ビタミンCも有効だと言われています。特にカロチノイドの1種であるルテインは、体内でそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されると言われています。

お薦めの本


お薦めサプリメント
緑内障は眼圧が高くなることで視神経が障害され視野が欠けてくる病気です。一度障害を受けた視神経は再生しないので、緑内障になると失明する危険がありますが、40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気だと言われています。

視野が欠けると言っても、目は両方が補いながらものを見ているので、なかなか気が付かないことが多いようです。早期発見、早期治療が大切なので、40歳になったら一度、眼底検査を受けておくとよいと思います。眼圧が低いタイプの緑内障もあるらしく、眼底検査や視野検査をしないと実際のところは分からないみたいです。

血縁者に緑内障の人がいる場合、強度の近視の人、冷え性や低血圧の人は特に注意したほうがよいそうです。血流が悪いことが影響していると思われます。急性の場合は、急激に眼圧が上昇するので、激しい眼痛、頭痛、吐気がおこり、早急に治療しないと失明するので、目に激しい痛みを感じたら迷わず眼科へ行くようにしてください。

原因ははっきり分かっていないようですが、糖分の摂りすぎや血液ドロドロ、眼精疲労などが関係していると言われています。緑内障を予防するには、生活習慣の見直しと共に、栄養面からの日頃のケアが重要です。

眼圧を下げると言われている栄養素は、ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンEなどです。
ビタミンB6はタンパク質の代謝に重要な役割を果たしており、肉や卵、牛乳や魚、豆などに多く含まれています。

ビタミンCは緑内障だけでなく、白内障にも効果的とされています。いちご、キウイ、みかん、小松菜、かぼちゃ、キャベツ、きゅうり、大根などに多く含まれています。
ビタミンEは血液をサラサラにしてくれるので、眼圧を下げるために重要な栄養素です。目だけではなく身体全体の老化を防止してくれます。穀類や豆類、緑黄色野菜に多く含まれています。
油はリノール酸系より、α-リノレン酸系の油がよいです。魚の脂に含まれるDHAやEPAにはコレステロールを低下させる作用があり、α-リノレン酸系の脂肪酸は体内でDHAやEPAに変わります。魚類や海藻類などに多く含まれています。

お薦めの本


お薦めサプリメント
飛蚊症は文字通り、蚊が飛んでいるように見えるのでこの名前がありますが、実際にはいろいろなものが見えます。私の飛蚊症歴は長く、30代半ばに黒い屑のようなものが目の前を横切っていくので、眼底検査を受け、飛蚊症だと言われました。医者からは加齢(30代で!?)だと言われ、特に治療もなくそのままでした。

その後、明るい光がさすところ、例えば車に乗って前を見ているときなどに、魚の卵のような小さい透明の丸がたくさん見えることに気づきました。50代になると、細い透明の糸くずのようなものが見えるようになりました。

とにかく私の目の中はいろいろなものが見えるのです。
一番困ったのは、目の中心が見えなくなり、小さな輪がどんどん大きくなって外へ広がっていくのですが、そのあいだは全く目を使うことが出来ず、30分ほど安静にしているしかなくなります。
この時も医者で眼底検査をしてもらいましたが、これも飛蚊症の代表的な症状だと言われ、若い頃と同じく治療の必要はないとのことでした。

幸い、この現象は1年の間に4回ほど起こりましたが、その後はありませんでした。あとから考えてみると母が亡くなった年で、かなりのストレスを感じていたのだと思います。人間、ストレスというのは本当によくないものだと思います。

飛蚊症が急に起こったときは、網膜剥離のような病気の場合があるので、とにかく最初は眼科に行って眼底検査を受けることをお薦めします。

医者からは治療の必要なしと言われた私の飛蚊症ですが、自分は気になるし、ひどくならないようにしたいと思い、若い頃から目に良いというサプリメントはひととおり試しました。ブルーベリーを長く飲んでいたこともありますが、最近はずっとルテインとDHA、EPAを摂取しています。改善することはないのですが、出来るだけ進行を抑えたいと思っています。

ただ、ルテインやブルーベリーは網膜に問題がある飛蚊症には効果があるそうですが、生理的飛蚊症といわれる老化による硝子体の濁りによる飛蚊症には効果がないそうです。でも白内障や老眼には効果があると思うので、続けています。DHA、EPAは硝子体にも影響を与えると聞きました。
硝子体は、コラーゲンやヒアルロン酸で出来ているのですが、残念ながらコラーゲンやヒアルロン酸は経口摂取してもそのまま身体の必要な部分に届くわけではないらしいので、むしろ、それらを作ることの出来る身体=老化しない身体を作るべく、抗酸化作用のある食品やサプリメントを摂るほうが期待できると思います。

お薦めの本


お薦めのサプリメント
若い頃から視力のよかった父親が40代から老眼が始まっていたのを見ていたので、同様に近眼とは縁のなかった私は、30代から目の疲れには神経を使いました。パソコンを使う仕事をしていたこともあり、いわゆる40代目薬は欠かすことなく、目が疲れたらさすようにしていました。

また、網膜を元気にするため、ブルーベリーのサプリメントも欠かしませんでした。

それでも50代になると、近いものが見えにくく感じてきたので、老眼防止のために目の体操をして、目の周りの筋肉が固まらないよう注意してきました。やり方は簡単です。目玉をぐっと上に向ける、下に向ける、左に向ける、右に向ける、ぐるぐる回す、を繰り返すだけです。

マジカルアイという立体視の本も購入し、毎日見ています。老眼の場合は「交差法」という寄り目にしてみる方法が効果的です。
※マジカルアイについては次項を参照。

仕事用に軽い老眼鏡をひとつ用意していますが、還暦近くなっても、まだ裸眼で本を読むことが出来ます。同年代の友人・知人は、近視のつよい人を除いて、もう老眼鏡なしに手元を見ることは出来ないようです。やはり若い頃からのメンテナンスは重要だと思うのですが、歳をとってからでも目の体操をすることで、かなり改善できると思います。

最初は、本当に目が固まっているのが分かります。動かそうとしても動かないのです。でもあきらめないで、毎日やっているとだんだん目が動くようになります。お風呂に入っているときは、トイレに入っているときなど、ちょっと一人になれる時にやるよう、クセにするといいと思います。

お薦めの本


お薦めのサプリメント
目の焦点をずらすことで、平面画像を立体的に見る「立体視」のトレーニングをするものです。脳の活性化にも効果があると言われているので、老眼対策と同時に、認知症防止にもよいと思います。

マジカルアイのやり方には「平行法」と「交差法」があり、目の焦点をぼかすときに、両目を平行にするのが「平行法」で、寄り目にするのが「交差法」です。老眼に効果があるのは「交差法」なので、寄り目の練習をして見えるようになって下さい。

「平行法」と「交差法」では凹凸が逆に見えます。
本に、見え方の例が書いてありますので、ちゃんと「交差法」になっているか確認してください。
要領をつかむとおもしろいほど見えるようになります。一旦「見えた」と思っても、すぐやめないでずっと見続けてください。すると、立体がどんどん深くなっていくのに驚くと思います。

長時間やる必要はなく、毎日5分程度で十分です。
交差法に慣れると、本がなくてもどんなものでも立体視出来ることに気づきます。
私は、電車で座っている時に向かいの席にある模様を交差法で見たりしています。
マジカルアイの本はたくさん出ているので、1冊買って、正しいやり方を習得すると良いと思います。

お薦めの本
ある日の朝、 洗濯物を干していたら、いつもは見えない糸くずのようなものが見えるのに気付きました。
飛蚊症歴はすでに20年。変化には敏感なので気になりつつ、朝風呂に入っていたら、薄暗いところでは瞬きするたびに目の中で輪のようにピカピカ光るものが見えます。

どうもおかしい・・・午後から眼医者に行こうと思っていたら、昼頃にいきなり左目全体に黒こしょうをぶちまけたような状態になり、真っ黒な粒が無数にユラユラ見えるようになりました。

ビックリして医者に駆け込んで診て貰いましたが、検査の結果、これも飛蚊症とのこと。
生理現象で、網膜などに異常はないと言われました。

本人は腰を抜かすほど驚いたのに、なんともないとは・・・
確かに視力も落ちていないし、黒い粒を気にしなければ生活に支障はない。

その後、2カ月に一回の眼底検査は続いていますが、特に悪化することはなく、日数がたつにつれて黒い粒も半透明になっています。

こんな症状は聞いたことがなかったのですが、意外にも友達の一人に全く同じ経験をした人がいました。硝子体が網膜からはがれる時におこるらしく、老化現象なのだそうです。友達の場合、はがれる際に網膜をひっかけて網膜せん孔が起こり、レーザー治療をしたとのこと。
3か月ほど違和感があったが、「いずれ脳が慣れる」と言われ、現在では何ともないそうです。

老化現象ということは活性酸素が原因だろうと思い、しばらくやめていたサプリメントをまた摂ることにしました。サプリメントはルテインとDHAを中心に、ビタミンCやEも不足しないよう食事に気を付けようと思います。

急激な飛蚊症のあと、2カ月に1回、眼底検査を受けていますが、眼底のCTも受けたところ、「緑内障の予備軍」と言われ、視野検査を受けることになりました。

簡単な視野検査は受けたことがありますが、本格的な検査は初めてです。

基本的には簡単な視野検査の機械と同じで、あちこちで点が光るので、光ったらボタンを押すというものです。ただ、その綿密さが全く違います。

暗室で、しっかりと位置も固定されて、小さい光が見えたらボタンを押していきます。片目に10分くらいかかった気がしますが、途中で疲れて休憩を入れて貰いました。

検査結果は、すごく細かい網目の図に見えない部分は黒い点で記され、当然ながら盲点の部分は黒くなっています。私の場合、左目の下方に怪しい部分があるものの検査の誤差範囲で、まだ「緑内障」という段階ではなく、目薬も必要ではないとの診断結果でした。

ほっと一息・・・
ますます眼の健康には気を付けようと思いました。