加齢性黄斑変性症が日本人にも増えている

黄斑部というのは網膜の中心あたりにあるのですが、そこに老廃物が蓄積して障害がおこる病気です。
ものが歪んで見えたり、周囲はふつうに見えるのに見ようとしているものの中心部分がぼやけたり小さく見えたりします。

高齢になって、目が見えにくくなったら、「老眼だから」と片づけずに、眼科を受診してください。失明率の高い病気なので、要注意です。

紫外線が原因と言われており、目の色が薄い白人に多い病気でしたが、最近は日本でも急増しているそうです。女性より男性のほうが数倍罹患率が高く、働き盛りの50代男性の発病が最も多くなっています。テニスやゴルフが好きで屋外ですごすことが多い男性は特に要注意です。

生活習慣病に気を付けて、目の老化を防止するべく、栄養にも注意する必要があります。


白内障は老化とともに誰でもなる病気
白内障は老化現象のひとつで、加齢により誰にでもおこるものです。
ただし、加齢による白内障だと思っているものが別の目の病気のこともありますので、異常を感じたら医者で診て貰うようにしましょう。

加齢による白内障はカメラのレンズのような役割をする「水晶体」がだんだんと濁って物が見えにくくなったり、ダブって見えたりするものです。最近はパソコンの普及やオゾン層の破壊で有害な紫外線が多くなったため、若いうちから白内障になる人が増えていると実感します。私の友達にも50歳前後で白内障の手術をした人が多くいます。

通常は、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほとんどの人が白内障になると言われています。しかし、白内障になっても生活に支障がないまま終わる人も多く、全ての人が手術するわけではありません。

初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせたり視力低下を改善したり出来るようです。私の母は80歳で亡くなりましたが、晩年は10年ほど目薬をさしていました。水晶体の主成分であるタンパク質の代謝を改善する目薬だということです。

手術も最近は日帰りで出来るようで、友人の話では10分程度で終わり、痛みは全くなかったとのことでした。術後はとにかく感染症にならないよう、衛生に気を付けて生活しなければならないそうです。
手術のあと日数がたってから会いましたが、3種類の目薬をささないといけないと言っていました。5分以上の間隔をあけてさすので、忘れないようにするのが大変だという話でした。友人は片目だけ手術の予定だったのですが、もう一方の目との見え方があまりに違うので結局両方手術したそうです。別の友人も片目だけ手術したらガチャ目になってつらいと言っていました。

残念ながら誰もが老化とともに覚悟しなければならない白内障ですが、出来れば発症は遅くしたいものです。そのために出来ることは、目の老化をおさえて健康を保つことです。食事はビタミンAを取れるホウレンソウやカボチャ、人参などの緑黄色野菜を十分に摂り、リテインを多く含むケール、ホウレンソウ、ブロッコリーも食べるようにするとよいです。また、ビタミンCも有効だと言われています。特にカロチノイドの1種であるルテインは、体内でそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されると言われています。

お薦めの本


お薦めサプリメント