マジカルアイとは

目の焦点をずらすことで、平面画像を立体的に見る「立体視」のトレーニングをするものです。脳の活性化にも効果があると言われているので、老眼対策と同時に、認知症防止にもよいと思います。

マジカルアイのやり方には「平行法」と「交差法」があり、目の焦点をぼかすときに、両目を平行にするのが「平行法」で、寄り目にするのが「交差法」です。老眼に効果があるのは「交差法」なので、寄り目の練習をして見えるようになって下さい。

「平行法」と「交差法」では凹凸が逆に見えます。
本に、見え方の例が書いてありますので、ちゃんと「交差法」になっているか確認してください。
要領をつかむとおもしろいほど見えるようになります。一旦「見えた」と思っても、すぐやめないでずっと見続けてください。すると、立体がどんどん深くなっていくのに驚くと思います。

長時間やる必要はなく、毎日5分程度で十分です。
交差法に慣れると、本がなくてもどんなものでも立体視出来ることに気づきます。
私は、電車で座っている時に向かいの席にある模様を交差法で見たりしています。
マジカルアイの本はたくさん出ているので、1冊買って、正しいやり方を習得すると良いと思います。

お薦めの本