急性の飛蚊症にビックリ

ある日の朝、 洗濯物を干していたら、いつもは見えない糸くずのようなものが見えるのに気付きました。
飛蚊症歴はすでに20年。変化には敏感なので気になりつつ、朝風呂に入っていたら、薄暗いところでは瞬きするたびに目の中で輪のようにピカピカ光るものが見えます。

どうもおかしい・・・午後から眼医者に行こうと思っていたら、昼頃にいきなり左目全体に黒こしょうをぶちまけたような状態になり、真っ黒な粒が無数にユラユラ見えるようになりました。

ビックリして医者に駆け込んで診て貰いましたが、検査の結果、これも飛蚊症とのこと。
生理現象で、網膜などに異常はないと言われました。

本人は腰を抜かすほど驚いたのに、なんともないとは・・・
確かに視力も落ちていないし、黒い粒を気にしなければ生活に支障はない。

その後、2カ月に一回の眼底検査は続いていますが、特に悪化することはなく、日数がたつにつれて黒い粒も半透明になっています。

こんな症状は聞いたことがなかったのですが、意外にも友達の一人に全く同じ経験をした人がいました。硝子体が網膜からはがれる時におこるらしく、老化現象なのだそうです。友達の場合、はがれる際に網膜をひっかけて網膜せん孔が起こり、レーザー治療をしたとのこと。
3か月ほど違和感があったが、「いずれ脳が慣れる」と言われ、現在では何ともないそうです。

老化現象ということは活性酸素が原因だろうと思い、しばらくやめていたサプリメントをまた摂ることにしました。サプリメントはルテインとDHAを中心に、ビタミンCやEも不足しないよう食事に気を付けようと思います。