コンドロイチン

| コメント(0) | トラックバック(0)

コンドロイチンはサメの軟骨成分として知られていますが、加齢とともに人の体の中で合成されにくくなります。
コンドロイチンは体内の「水」のコントロールに深く関わっているといわれています。肌の水分が失われると肌のコラーゲン繊維も萎縮してシワなどの原因になります。眼を形成する成分にも含まれています。
コンドロイチンはグルコサミンと並んでサプリメントだけではなく医薬品としても多数出回っており、関節痛などの治療にも用いられています。

コンドロイチンを含む食品は、納豆、山芋、なめこ、うなぎ、オクラ、フカヒレ、スッポン、鶏がらスープなどです。

サプリメント コンドロイチン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.haru-kuma.jp/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする

>