ファイトケミカルとは

| トラックバック(0)
三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)、五大栄養素(+ビタミンとミネラル)、六大栄養素(+食物繊維)というのは今まで聞いたことがあると思いますがさらに「第七の栄養素」と言われるファイトケミカルを足して、七大栄養素というのが最近重要と言われています。
ファイトケミカル「Phyto(植物)chemical(化学)」とは、野菜や果物などの植物に多く含まれる成分の総称で、ビタミンをしのぐ抗酸化力を持つことが分かってきました。
たとえば、よく耳にするものでは、ポリフェノールやカプサイシン、カテキン、イソフラボンなどがファイトケミカルの代表で、今まで緑黄色野菜より劣るとされていたキャベツ・にんにく・ショウガなどの淡色野菜に多く含まれています。また、加熱しても壊れることがないのが特徴です。

ファイトケミカルを摂ることで身体の老化を防ぎ、老化によりおこる様々な不都合を改善することが期待できます。

現在わかっているファイトケミカルは以下のとおりです。
(1)ポリフェノール:アントシアニン、イソフラボン、カテキン、フラバノールなど
   含まれる食品は赤ワイン・ブルーベリー・クランベリー・お茶、リンゴ、たまねぎなど
(2)含硫化合物:イソチアシアネート類/スルフォラファンなど
   含まれる食品はブロッコリー・ワサビ・にんにく・ネギなど
(3)脂質関連物質:非栄養素カルチノイド/ルテイン、リコピンなど
   含まれる食品はホウレンソウ、トマト、スイカなど
(4)糖関連物質:βグルカン、フコイダン、ペクチン
   含まれる食品はキノコ・海藻・リンゴなど
(4)アミノ酸類:タウリン、グルタチオンなど
   含まれる食品はイカ・タコ・魚介類・アスパラガス・レバーなど
(5)香気成分:オイゲノール、リモネンなど
   含まれる食品はバナナ、かんきつ類など

より詳しく知りたい方はこちらの本がお薦め

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.haru-kuma.jp/mt/mt-tb.cgi/74

>