関節が痛いの最近のブログ記事

コンドロイチンはサメの軟骨成分として知られていますが、加齢とともに人の体の中で合成されにくくなります。
コンドロイチンは体内の「水」のコントロールに深く関わっているといわれています。肌の水分が失われると肌のコラーゲン繊維も萎縮してシワなどの原因になります。眼を形成する成分にも含まれています。
コンドロイチンはグルコサミンと並んでサプリメントだけではなく医薬品としても多数出回っており、関節痛などの治療にも用いられています。

コンドロイチンを含む食品は、納豆、山芋、なめこ、うなぎ、オクラ、フカヒレ、スッポン、鶏がらスープなどです。

サプリメント コンドロイチン

グルコサミン

| コメント(0) | トラックバック(0)

グルコサミンとは動物の皮膚や軟骨、甲殻類の殻に含まれる糖の一種です。グルコサミン不足になると関節の曲げ伸ばし時にクッションの役割をしている関節と関節の間の軟骨がすり減り、骨と骨が接触して痛みが発生するようになります。

グルコサミンを多く含んでいる食品は、ウナギ・ふかひれ・干しえび・山芋・おくらなどです。

サプリメント グルコサミン
>